手相の基礎
資料請求
講座説明会

すた〜らいと林
幸せブログ

誰にでも幸せになる道はあります。東明手相では、それぞれの人の長所に着目し、希望・勇気・自信を与える鑑定を
心がけています。人生に迷ったとき、悩んだとき、幸せになるお手伝いをするのが運命コンサルタントです。

75.誉め方

2020年01月06日更新

誉めどころを見つける。

相手のこだわりを見つけることから始めます。
人とは違うところを探すのです。パッと見て相手のこだわりはどこか探すため、私は電車ワークをしています。
普通のサラリーマンなのに変わった指輪をしているなぁ〜!
高校の制服だけど、携帯のケースがかわいいなぁ!
年齢的には私よりお姉さんだけど、洋服が明るくてスタイリッシュだなぁ!
などです。
本当に自分がいいなぁと思うところを先ず見つけます。見た目の誉めどころは、人間関係が浅くても、深くても一生使うことができます。

誉めどころに「素敵な」をつける。

素敵な指輪ですね!
素敵なケースですね!
素敵なスーツですね!
電車の中で実際、相手に話しかけることもあります。
先日、隣りの女性が美しい指輪をしていたので、「指輪素敵ですね!」と話しかけました。すると、その女性の顔には笑みが浮かびました。そして指輪を買ったきっかけを話してくださいました。短い時間でしたが、幸せな空間になりました。

「素敵な」を言い換える。

かっこいい指輪ですね!
可愛いケースですね!
上品なスーツですね!
「素敵」という言葉はいつでも、どこでも使えますが、別の言い方も練習しておくと、誉め方に幅が出ます。

褒め言葉に理由をそえる。

「素敵な服ですね。すごくよくお似合いです」
「お洒落な服ですね。見たことがありません」
「いいデザインの服探していたんですが、私には見つけられませんでした」
「〇〇さんは、本当にいつもお洒落ですね!」
「そんな服が似合う人に、私もなりたい!憧れます」
などです。
毎日誉めることによって人間関係がよくなります。

前の記事
ブログ記事一覧