手相の基礎
資料請求
講座説明会

手相の基礎

手相を知って線の通りに生きる。結局、人間は自分らしく生きることが最高の幸せな人生になります。手相で自分を知ることができます。本当の自分を知って、自分に合った環境を選んで生きる。そうすると、いきいき、わくわくした人生を送ることができます。幸せになるためには手相を知ってください。

東明学院長で東明手相の創始者でもある高山東明は、30年間の歳月をかけて手相を研究し、体系立てて整理をしました。
4大基本線と20種類の補助線を選択し、さらには9つの丘も加えて、その定義と意味を確定しました。補助線のなかで、短気線、ストレス線、忍耐線、幸運線は、東明手相が新しく発見し、定義づけたものです。

ここでご紹介するのは、手相の基礎です。
さらに深く知りたい方は、ぜひ東明学院に、ご相談ください。

  • 4大
    基本線
  • 20の
    補助線
  • 9つの丘

4大基本線

知能線

知能線

性格や才能がわかり、適した仕事を探ることもできます。
人指し指のつけ根と親指のつけ根から出発して、手のひらの真ん中を横切ります。

感情線

感情線

愛情のタイプや恋愛運がわかります。
小指のつけ根と手首のつけ根の間を4等分し、上から1/4前後から出発して人指し指のつけ根や、中指のつけ根に向かって伸びています。

運命線

運命線

人の生き方や境遇の変化、さらに仕事運がわかります。
どこから出発しても中指に向かって伸びています。

生命線

生命線

健康運や寿命、体力などがわかります。
人差し指と親指、それぞれのつけ根のちょうど真ん中から出発し、手首の方向へと伸びています。

  • 4大
    基本線
  • 20の
    補助線
  • 9つの丘